研究開発コラム

  • ホーム
  • 本当のバッテリー再生とは
  • バッテリー再生のメリット
  • 法人のお客様
  • バッテリー再生の流れ
  • お客様
  • 使用済み電池の蘇る様子
  • バッテリー再生・復活の開発ストーリー
  • お客様の声
  • バッテリー再生研究開発コラム
  • topics
  • 鉛蓄電池はこんな業界・市場で活躍!
  • 使用済みバッテリーを高価買取いたします!
    • 製品紹介
    • 日立ゴルフカート用
    • ヤマハ、サンヨーゴルフカート用
    • オープンベント式(EB)
  • オンラインショッピング
  • Phoenix Japan

新品バッテリーとの比較

今回は、渦巻き型極板を採用した
米国の「ジョンソン・コントロール社製オプティマ・イエロートップ1000S(完全密閉式バッテリー)」を、
新品と再生品で比較してみました。

新品バッテリーとの比較

・容量:20 時間率(60Ah) 10 時間率(55Ah) 5 時間率(51Ah) 
・試験概要:5 時間率で試験(51Ah÷5 時間=10.2A)

今回は10.2Aの電気を、5時間取出せれば合格とします。

新品バッテリーとの比較

テスターではバッテリーの性能を100% 診断するのは不可能なため、当社ではバッテリーテスター等での簡易的な診断はしません。
最終試験では、電子負荷器にてバッテリー内部の容量を厳密に診断し、メーカー新品表示の100% 以上を合格商品として出荷します。
※自動車用のスターターバッテリーは高性能テスターで判断可能です。

一覧に戻る